メインイメージ

HEADLINENEWS

SITEUP!!→2014.07.24
日雇いとなったら、自分の隙間時間でスケジュールを立てる事ができますので、スケジュールも立てやすいですし、行動しやすいと思います。ただし、バイトの掛け持ちでも、本業があってWワークとして…READMORE
PAGEADDING!!→2014.08.06
最初にやった引っ越しの作業は一人身の方だったので、楽に思え、これはできると自信をつけ、すぐに連絡し、軽い気持ちで向かったところ、おどろくような忙しさ。…READMORE

思い浮かぶのはバイトの掛け持ち

一つのバイトを長期でする事も良いですが、それ以上に給料を増やしたいとなったら、一つだけでは難しい所もあると思います。特にバイトだと、固定給ではない為に高収入を期待するのは難しい部分でもあると思います。そうなると、思い浮かぶのはバイトの掛け持ちだと思います。長期的なバイトを二つ掛け持ちするとなると、大変ではありますので、一箇所は長期的なバイトをして、二つ目は日雇いのバイトをするのが一番スマートかもしれませんね。

日雇いとなったら、自分の隙間時間でスケジュールを立てる事ができますので、スケジュールも立てやすいですし、行動しやすいと思います。ただし、バイトの掛け持ちでも、本業があってWワークとしてバイトを掛け持ちする場合でも、とても体力と精神力を必要となる事には間違いありませんので、そうなったら、体調管理はきちんとする事が重要ですね。例を出すと日中で長期のバイトや本業を持っているならば、掛け持ちをする場合は、夜や深夜などの夜勤バイトや休日・祭日だけのバイトなどになると思います。また、体力勝負のバイトもあるし、データ入力やピッキングのバイトなどもあります。

そこは自分自身の状態を見ながら、自分自身ができる日雇いバイトを探しましょう。または、日雇いバイトだけを掛け持ちするという方法もありますよね。その際は、自分のスケジュール管理をきちんと行い、早いうちに段取りを組むなどする必要があります。日雇いでも残業や延長が発生する事もありますから、その後に別のバイトを入れていた際は、スケジュールが調整できない事もあるので、余裕のある計画を立てる事をオススメします。

できれば前もって残業については確認しておくと良いでしょう。また、バイトの掛け持ちで年収が103万を超過してしまうと、確定申告が必要になりますので、そういう部分もきちんと把握しておくと良いでしょう。日雇いバイトを掛け持ちする場合にスケジュールを組みやすいバイトと言えば、シフト制のバイトですよね。そういう事も踏まえた上で、バイトライフを楽しく過ごしましょう。