image03

日雇いバイトで人気の警備の仕事で働いた体験談を書きます

watchman1 日雇いバイトで人気の警備の仕事で働いた体験談を書きます。このバイトは好きな時に自由に仕事ができるので、一般のバイトでありがちなシフトの調整がいらないので、普段多忙な人に適しています。それに、バイト代がすぐに受け取れるため、短期留学などで多めのお金が必要な時に、一度に沢山稼ぐことが可能です。そして、短期間のバイトということもあり、自分の性格に合った仕事か分からない場合でも、一度試しに働いてみるといいでしょう。
バイトまでの通勤距離は短い方が良いのが一般的ですね。通勤時間が短いと無駄が少ないですし、雇う側にとってもメリットがあるのです。電車代をバイト先からもらえる場合はもちろん、急にバイトに入って欲しい時にすぐバイト先に着くので頼りになるのです。さらに、通勤距離が短い場合は道中の事故や大雨トラブルなどに遭う割合が軽減されるので雇い主としても安心なのです。バイト本人と会社側の両方にとって都合が良いですね。

バイトの経験が少なくても採用されるには何をしたらいいか考えてみましょう。一番手っ取り早いのは、未経験者OKと書かれている仕事や、長期休暇などの短期バイト、高校生からOKのバイトを選ぶことです。これらは全くの未経験者も想定してバイトを集めているので、働くのが初めての人にも出来る内容の仕事がメインで、初歩的なことから教えてくれるので安心です。そして、お友達と一緒にバイトする方法や、知り合いのいるバイト先で働くというのも、バイト未経験者にはおすすめのやり方です。

バイトを探す時に気になるのは勤務地の場所です。大抵のバイトは時給制で働きますよね。だから、単にバイト先での作業時間だけでなく、バイト先を往復する時間も合わせて考えてみましょう。例えば一般的なバイトより時給が高くても、自宅からバイト先まで行くのに片道一時間かかったとしたら、往復二時間もプラスした拘束時間から時給として計算してみます。すると、実際には少ない時給にしかなりません。そのため、バイト先の場所も含めて検討するのが大切です。
大学生に有利なのはどういうバイトか、考えてみましょう。学科にもよりますが学生は比較的自分の判断で時間をスケジューリング可能です。特に、主婦などの層よりメリットなのは、夜の時間帯を仕事に割けるのが大きいです。つまり、夕方以降に仕事が多い飲食業や塾の講師などは良いでしょう。しかも、個人塾や子ども相手のバイトは年齢の若い学生の先生が感覚が近くて良いと言われています。高時給で、夏期休暇などは講習会など沢山バイトできるので一気に稼げて効率が良いです。

更新情報

Contents